消費者金融って便利だよな。近くのATMですぐ現金を引き出すことができるわけだし!自分としては、まとまった現金の返済が先延ばしにできるっていいんだけど。ずっとバイトで食いつないでいるし。

70歳ではどこも貸してくないわよ

いつまでも借金に頼るべきじゃないわよ。何を言ってんの。だって先延ばしだから結局、元金以上に支払わなきゃいけないわけで。この先バイトが永遠に雇ってくれるのかも不透明よね。今ってね、市場にお金が有り余っているから超借金しやすいわけ。

だから、どんなに収入の低い人でも、バンバン借金していい状態にあるんだけど、返済のことをしっかり考えなきゃね。余っているお金なんて、また余らなくなるわよ。そんな時にあなた、返済に困るから覚悟したほうが良さそうね。
(⇒消費者金融と年収の関係性について詳しくご紹介

70歳だともう消費者金融も銀行も融資の対象にはならないわね。だって金貸しもビジネスよ。利息での売上が必要で現金に困っている人に貸しますなんて親切なことを言っているけど、所詮、儲けのある年齢層がターゲットであって、さすがのマネーゲームに70歳以上はついていけないわ。人生を有意義に過ごしてもらいたいものね。融資は50代までがピークかしら。

消費者金融なんかに借入しちゃ、あとは返済に追いかけ回されるだけだから、それを承知の上で現金を借入したり事業主なら商売するわけでしょ。人生の終盤を迎えてそれなりに年輪を重ねた人の借入なんて無茶いうなよな。

もし、どうしても借入したいというなら、年金を担保に借入できる公的機関を市役所などから紹介してもらうといいかもね。この年にもなって、ヤミ金に手を出したんじゃ、どう救っていいかわからんわ。もうちょい、まともなとこ当たったほうがいいかも。
(⇒70歳以上でも消費者金融で借りられる?

消費者金融は何歳まで借りれるのでしょうか?

年齢を問わず、日々の暮らしの中で急にお金が必要になることは多々あります。けれども高齢者の場合、消費者金融は何歳まで借りれるのか気になるところです。65歳以上になると申込すら受け付けてくれない業者はたくさんあります。なぜなら、65歳は一般的な企業の定年退職にあたり、今後安定した収入を得られる見込みがないと判断されるからです。

けれども、消費者金融の中には65歳以上でも融資してくれるところがいくつかあります。最高齢だと79歳まで受け付けてくれるところがあるのです。そのような業者は定年退職者であっても、現在はアルバイトなどで安定した収入を得ていた人や、無職であっても年金受給者であれば、年金を収入とみなして融資してくれます。(こちらもご参考に→無職なのに仕事をしていると嘘をついたらバレる?

50万円くらいまでなら審査が通りやすく、担保や保証人が無くても借りることができるでしょう。ちょっとハードルは高くなりますが、最高500万円まで融資してくれる業者もあります。

初めての利用者を対象に30日以内の返却であれば無利子で融資してくれる業者は、すぐに返済できる見込みがある時はぜひ利用したいもの。借りる金額によっては低い金利で融資してくれる業者もあります。

また、自宅から電話やインターネットなどで時間を気にすることなく申込を済ませることができたり、月々の支払を銀行口座の引き落としで対応してくれるなど、外出が大儀になりがちな高齢者にとっては嬉しいサービスを提供している業者もあります。

高齢になり収入が限られてくる中で、自身の病気や知人の葬儀など急な出費を恐れて不安を抱えながら暮らしたり、今だから経験できる楽しみを諦めてしまうのは、せっかく長生きしているのに寂しいものです。高齢になってもキャッシングしてくれる業者があることを知っていれば、いざという時の頼もしい存在になり、お金に対する不安や負担が解消されます。もちろん借りたお金は返さなければいけませんが、計画をしっかり立てて上手に利用したいものです。

【参考ページはこちら】
消費者金融の年齢制限に関するおすすめ記事はこちら