今の借入枠でもはどうしても、足りないんだよね。だから、どうしても増額して審査を通したいんだけど。

増額審査が通る決めては「必ず返済」かしら

「増額借入が目的なのに、…返済ってどういうこと?」と思われるかもしれないけど、増額って信用が大切らしいのよ。それでもどういうことなんだか、さっぱり分からないかもしれないけれど、増額を望んでいる人って少なくとも以前に消費者金融から借入したことのある人なのよね。

わたしの友人で普通にOLしているんだけど、彼女も増額を必要としていたらしいのよ。仕事をしながら学校も通っていたし、人付き合いもいいからどうしても毎日の生活費をやり繰りするのって大変なのよね、これだけアクティブだと収入だけでは足りなかったんでしょ。

毎月の返済額も大きいものじゃなかったから、彼女の場合、返済が難しくなりそうになったときは、新たに消費者金融でカードを作るんじゃなくて出費を色々抑えて返済を優先らしいわ。どうしても増額の必要があったみたい。ほら、他から新しくカードを作ると金利も高いでしょ。余計な利子も払いたくないし。そういうところちゃっかりしているよね。

しかも、給料もUPするらしくてキャリアも積んでいるみたいだから、資格取得のために無駄な出費を抑えたみたいだね。一応、返済だけは延滞せずに完済を何度も繰り返したみたいだから、増額案内メールがきたらしいわよ。

増額案内メールってよく利用する友人が言うには、これまで返済をちゃんとしてきた人に来るメールらしいのよ。「増額の案内」だから審査はこれからね。でもこのメールって滅多に来るもんじゃないから、案内がきた場合には増額の申請をするといいわよ。増額を狙っていた彼女も増額案内メールのことをよく知っているから、すぐに申請して審査を通ったみたいだわ。

彼女は給与も上がっているから、年収の範囲で借り入れできるようになったみたい。彼女のいいところって無駄使いしないことなのよね。増額しても使いすぎないし、やっぱり借り入れ金利も下がったみたい。増額すると借り入れ額が大きくなるから、今以上に返済の計画もしっかりね。

【参考ページはこちら】
消費者金融とレイク、増額審査が厳しいのはどっち?

消費者金融で増額の審査に通るためにすべきこと

カードローンは意外と便利です。ピンチの時、カードがあれば提携ATMやキャッシュディスペンサーなどから、必要な分の借り入れができるからです。非常に簡単に借りられるため、借り過ぎには注意する必要がありますが、計画的に利用することで、自分の生活は楽になりますし、社会にお金が流通し、経済が回ることにもつながるのです。

そんなカードローンですが、消費者金融や銀行などで経験がある人は意外と多いようです。上述のように計画的に使えば、生活を楽にできるツールのカードローン。簡単に言うと借金ですが、きちんと利息を添えて返済すれば、有効な金融商品なのです。

初めてカードローンをする場合、借りられる金額は下限が通常です。というのは初めての場合、まだ信頼性が低いためです。つまり、借りたお金は利息を添えてきちんと返すという実績がないためです。借りられる金額を上げるためには、増額の審査に通らなければなりません。その審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。

それには、借りたお金は利息を添えて返すという実績を作らなければなりません。具体的には少なくとも、半年は借りては返すという実績を作る必要があると言われています。増額したいと思っても、実績がないと通常難しいので、とにかく実績を作りましょう。

また、こちらから増額を申し出るのもいいですが、相手側から増額しませんかという通知がくることがあります。それはあなたが、借りたお金は利息を添えて返してくれる信頼に足る人物であるという評価になったからです。相手から先に言ってくるということは、それなりの実績を残し、返済能力があるとあなたの信頼性が高まっているからです。

ただ、増額したいときに、運よくそういった通知が届くとは限りません。通知が届かなくとも、実績があって信頼性が高まっているなら、審査に通る可能性もあります。今より多くの融資を受けたいなら、とりあえず審査を受けるだけ受けてみるのがいいでしょう。