年収で借入できる枠が決まっているらしいけど、それって消費者金融各社によって違うの?実際に年収が融資枠の根拠になっているってどういうこと?

年収によって融資枠が決まるのは確かよ

確かにそうね。年収によって借入額が決まると思うわ。わたしの妹も消費者金融から借入をしているわ。色々、話を聞いてみると3社ほど借入しているみたいなのよ。妹はアルバイトや単発バイトで収入を入れていて150万ぐらいかしら、年収は。3社それぞれ10万・20万・10万枠の借入ができたらしいわよ。でも、借入枠ってどのように決められているんだろうね。使いこんでいる妹がこう言っているの。

消費者金融って申請したらほとんど貸してくれるし、使いやすいからいいんだけど利用しすぎな点も問題になっていたらしいのよ。返済できる見込みもないのに、借入しちゃって結局返済しないまま債務の整理をするなんて多かったみたいなのよ。

利用する側にも問題があったみたいだけど、過去には融資する側にも高金利融資が問題になったみたい。妹も最初は現金の借入に消費者金融を避けていたわ。それでクレジットカードをずっと利用していたんだけど。でもクレジットカードでも意外と金利が高いままのキャッシングになっちゃうんだね。なんて言っていたわ。

妹が最近になって消費者金融で借入するようになったのは、消費者金融に対しても利用者に対しても厳しきなった点にあるみたいだわ。「総量規制」というのがそうらしいの。具体的に言えば「年収の3分の1」以下でしか借入できなし、強引な取り立てなんてないし、金利も借入額によって制限されているみたいで、金利でとんでもない利益を出す「闇金」のような消費者金融は今は無くなったらしいわよ。

まとまった現金を借入するには、今では消費者金融がいいらしいわね。借入するには限度枠があるけれど、困ったときに少額だけ必要な借入をするなら消費者金融のほうが金利の面でもお得だって、調べた結果分かったらしいのよ。だから今ではクレジット一体型のキャッシングカードよりも消費者金融のカードのほうを妹は愛用しているわ。

【参考ページはこちら】
年収が300万円で限度額が100万なのはなぜ?

消費者金融で借りる際に年収の根拠の示し方

消費者金融を含め、各金融機関でもカードローンやキャッシング・サービスを利用する際には収入の提示と借入状況の開示のために同意が必要となります。借入状況の開示については、各金融機関や消費者金融が共同運営している情報管理会社のデータを開示することです。情報管理会社には各人の借入、返済情報が保存されており、本人の同意をもって開示することができるようになっています。

収入については自己申告となりますが、法的な制限である、総収入の3分の1を超える金額を貸し出してはならないという制限がありますので厳密にチェックがされます。そのため、仮い入れ申込書に記入するだけでは足りないことがあります。
(⇒消費者金融の限度額には年収が関係してる?

その場合は、給与明細であったり、年収による審査を希望する場合には確定申告の控えや各市町村で発行する所得証明を提出することで年収の根拠を示すことが可能です。法的な貸出制限もあるので複数の収入がある場合には市町村で発行する所得証明が有効であると言われています。

収入については確定申告の時期など正しい収入が報告できないタイミングもありますが、その場合でも確実な信用できる証明書が必要となります。会社勤めなどをしている場合、給与が変動することがありますが、増えても減っても、その都度審査を受けた会社に申告しておくことが重要です。

特に減った場合にそのままにしておくと更新審査と呼ばれる定期審査で不利な事になる場合がありあます。カードローンやキャッシング・サービスは契約時以外に1年に数度自動審査が行われることがあります。

この審査は主に本人の借入状況の確認が同意の元行われる他、借入金額が多い場合には年収の根拠を示すように要求されることも多いので基本的には契約があるかぎり毎年更新時に審査があるとかんがえてよさそうです。安心して利用できる仕組みのため、各社とも審査には時間を掛けていますが、利用者が手間を極力なくすように努力が続けられています