わたしね、増額申請をしたくて。でもどうしたらいいのか分からないのよね。だって増額申請なんかしたら審査に絶対おちるでしょ。そんな感じがするんだよね。初めて消費者金融を使うのなら審査は通りやすいとは思うけど。増額申請の審査に落ちたら二度と消費者金融から借入れできないんじゃないかと思ったりして。

そうね。増額申請ってちょっとした注意が必要ね

まぁ、新しくカードをつくるのでもなく、増額をする場合は最初の借入申請よりも必要な書類がでてくる可能性がありますね。これまで50万枠でしか借入できなかった人が100万以上の増額を希望する場合、場合によっては収入証明が必要になってくるでしょう。収入証明って会社から取り寄せなければいけないので、結構ハードルが高いですよね。

だって会社の事務員に収入証明が必要だというと、大概は借金することが目的だったりしますし。もし小さな会社で社員の給与を扱う事務員とよく交流がある場合は、収入証明の発行って言いづらいですよね。収入証明が必要かは消費者金融会社によります。どうしても、収入証明証が取りづらいのなら、新規でカードローンを別に作るしかないでしょうね。

これもそうなんですが、カードローンの増額について一番最悪なのは複数の消費者金融のカードを持っていることも増額審査が通らない可能性があります。実は、複数持っていることでマズイのは、借入限度枠だけで総量規制いっぱいになっている可能性があるからです。消費者金融はそこを見逃すことは絶対ありません。3社以上カードを持っている場合は要注意です。

基本、総量規制を超えての融資ですと、処罰を受けるのは消費者金融だったりするからです。もし1社で増額を狙う場合は、他の消費者金融のカードを解約したほうが良さそうですね。それか、解約せずにその複数のカードで使いこなし完済を繰り返して金利の低い融資を受けることでしょうか。

増額申請にどうしても自信がないのに、増額申請をしたいという貪欲な方であれば、ここで消費者金融カードではなくてクレジットカード一体型のキャッシングを考えてもいいのではないでしょうか。実はクレジットカードって総量規制と一切関係がないんです。
(⇒消費者金融の増額審査に通る方法とは

現金をいくらでも借入できるわけではありませんが、お仕事をしていれば、キャッシング枠があり借入額も結構大きい。金利はやや高めだけど、しっかり返済できる自信があるのであれば、増額を狙うよりむしろこっちのほうがいいかもしれませんね。利用するほどポイントが貯まりますし、使って損はありません。

消費者金融の増額申請の審査を通過するコツについて

消費者金融のキャッシングには、利用限度額が設定されています。利用限度額とは最大で借り入れ可能な金額を表わしています。多くの消費者金融では、初回の借り入れ可能な金額は50万円前後からスタートすることになります。

利用限度額について増額の申請をすることが可能となっていて、現在の借り入れ可能な金額を増やせるのであれば、別の消費者金融業者に申し込みを行って新規契約をするよりも増額の交渉をすることをおすすめします。

借り入れの件数を増やしていくことよりも、ひとつの金融業者から借り入れる金額を増やすほうが信用情報を高くすることができますし、返済計画を立てることや支払い期日の管理についてもしやすくなります。

消費者金融の増額申請を行うと、初めにキャッシングを利用したときと同様に金融業者の審査を受けることになります。消費者金融の増額申請が認められるコツとしては、支払い期限を守って延滞しない返済実績を積み重ねることが挙げられます。

金融業者が増額しても良いと考える信用実績を積み重ねるためには、少なくとも半年以上の利用実績が必要と考えられます。基本的には1日であっても、返済期日に遅れることがあってはいけないと言うことができます。1度も返済期日を守れないことなくても、利用頻度が低いと増枠してもえる確率が低くなります。

借り入れを行ってからすぐに完済したままで、その後にキャッシングサービスを利用していなかった人の場合では返済実績が多いとは判断されません。頻繁に借り入れを行って返済を済ませることができる人が、利用実績の高い人と言えます。

借り入れを行ってから1か月から2か月以内に完済することを繰り返すことで、利用実績を高めることができます。返済期間が終了する前に、他の金融業者から借り入れをしていたときには、消費者金融の増額申請の審査を通過できないことがあります。

消費者金融業者の審査では、年収や住所、勤務先の情報、保険の種類などの借り入れ希望者の個人情報を元にしてスコアリングすることで融資を行っていますので、大切な情報について申告してないときには信用を落としてしまいますので注意するようにしましょう。

【参考ページはこちら】
消費者金融で増額するにはどうしたらいいの?