オレ、年収約300万ちょっとあるんだけど、てっきり1000万ぐらい借入できるもんかと思っていんだよね。ちょっとした高級車や付き合いに使ったりできるかなと思ったら、意外にも消費者金融だったら100万ちょっと。ゲェ!なんだつまらんなぁと思っているんだけど。本当に借入れってこんなもん?

総量規制の対象にもよるんだよね

消費者金融って年収の「3分の1」以下しか融資をしないという決まりがあるんです。これでも車や住宅のローン、急な医療費などは例外で総量規制の対象外なんです。総量規制の対象から外れるものは、不動産担保貸付や有価証券担保貸付など万が一返済が不可能になった場合の保障となるものがある場合など債権者側にも不利な条件にならないような融資ができれば対象外になります。

でも、消費者金融から借入する多くの方がこのような十分の担保となるもの、または保証人となる人がありません。消費者金融の場合、これら消費者の事情を抑えた上で即日融資を可能にする商品を打ち出しています。利用者の信用を重視して貸付をしているんですよね。利用目的がはっきりしていて、大型の融資を希望するのであれば銀行や信金・労金を検討されるといいかもしれません。

消費者金融でローンを組みたい場合は、どうしても今1~2万必要だとか、今日お友達の付き合いがあって財布にたまたま現金を持っていなかったなど少額ローンが適しています。即日融資が一番のメリットなんですから、金利は初回は高いかもしれません。1000万を即日に必要とするのか疑問ですが、その分金利が半端ないことは確かですよ。

消費者金融の場合、即日融資でこれだけ高額融資は考えられません。300万の年収ならば初回借入できたとして、30万弱ではないでしょうか。何せ面識のない方へ与信審査や在籍確認のみで融資するわけですからね。住宅やマイカーローンならお得な商品がたくさんあるわけですから、低金利で借入できる商品をもう少し探すことが先決ですね。

【参考ページはこちら】
人気の消費者金融会社が知りたい方におすすめ記事

なぜ消費者金融の借入額は年収の3分の1なのか

どうしても必要なのにお金がなくて困ってしまうことは、長い人生には何度か訪れるものです。普段からそういう時に備えてしっかり蓄えておくことは大事ですが、いろんな理由でそれもできないこともあります。周りにお金を貸してくれる人がいればいいですが、そういう人がまったくいない場合は、金融機関などからキャッシングするのがいいでしょう。

金融機関からキャッシングするのは、あまり良いイメージを持っていない人もいますが、最近では店舗まで行かなくても、コンビニのATMからキャッシングできたり、返済できたりするので、若い女性でも利用することが多くなっています。キャッシングできるカードを一枚持っているだけで、いざという時でも安心できます。

キャッシングの申し込みですが、金融機関によって違いますが、満20歳から65歳までの安定した収入がある人なら誰でも申し込めます。定職についてない、パートやアルバイト、学生や主婦でも安定した収入があれば申し込めます。申し込みはインターネットなどから簡単に申し込めます。

金融機関によって特徴があるので、できるだけ自分が借りやすい所に申し込みましょう。たとえば銀行などは金利が低く信頼できる代わりに、審査が厳しくなっています。消費者金融などは、金利は高い代わりに審査が早く即日キャッシングも可能です。銀行のハードルの高い審査に通る自信がない人は、消費者金融のキャッシングに申し込む方がいいでしょう。
(⇒銀行には見られない消費者金融の魅力とは

消費者金融には、総量規制というものがあるので、借入額は年収の3分の1までとなっています。なので、年収が300万円の人は最高借入額は100万円になります。パートやアルバイトなどの人は年収も低いので、借入額も当然少なくなります。専業主婦の人は、収入がないので、消費者金融ではキャッシングの申し込みができないケースもあります。ただ、専業主婦でも夫に収入がある場合は、夫の同意書と収入証明書を提出することで、申し込めるケースもあります。