消費者金融の融資ってほとんど20歳以上の融資でしょ。18歳あたりからバイトを始めているのも多いし、借入はそのあたりから借入ってできるんじゃない?

20歳以下だと返済能力に問題でもあるんじゃないかしら

20歳以下でもアルバイトで何とか学費を積み立てている子って確かに多いよね。でも学生時代は勉学に励んだほうがいいわよ。きっとそのための処置じゃないかしら。消費者金融で借入をするための条件として、「安定した収入」ってあるけど20歳未満の子が安定した収入を入れているってことは、学生なら勉強する時間を惜しんで仕事をしているってことでしょ。

学費のためにアルバイトをするぐらいなら、奨学金を借入したほうがいいかもしれないわ。返済は就職してからでも遅くないし、それに貸付奨学金なら金利も低いしね。

20歳以上の学生でどうしても消費者金融から借入したい場合は、ご家族の同意が必要になるでしょう。ご家族の同意が必要な理由もおおよそご存知だとは思いますが、返済が学生であってもきちんとやってもらう必要があるんです。それで同意書が必要なんですね。

大学生や専門学校生やフリーターの方でアルバイトやパートをされているのであれば、安定した収入もありますしご本人が借入することが可能になります。学生で無職の場合は、同意書が必要です。

成人した20歳で消費者金融から借入する場合、よく注意しなければいけないのはほとんどの方が始めて10万~30万の大金を手にするということで、返済に重点をおいて借入を考えることですね。

アルバイトですと2年も働けば100万ぐらいどうってことないのかもしれませんが、まとまった資金を目にするとてっきり自分の所持金だと思ってしまい、使い込んでしまって計画的な返済を忘れてしまうことがあります。完済しない以上は、延滞などをする利息は膨らむ一方で減ることがないので、気をつけましょう。

【参考ページはこちら】
様々な職業の方におすすめの消費者金融情報

消費者金融が利用できるのは20歳以上というのはなぜ?

カードさえあれば、提携ATMやキャッシュディスペンサーなどから簡単に融資を受けられるのがキャッシングです。そんなキャッシングは消費者金融や銀行などで出来るのですが、利用条件に20歳以上とありますが、なぜなのでしょうか。(こちらもご参考に→未成年はどうすれば借り入れできるの?

キャッシングやカードローンというのは簡単に言うと借金です。消費者金融はボランティアではないので、貸したお金とともに利息を添えて返してもらってはじめて、利益を得て営業ができるのです。つまり、返済能力がないと融資を受けることは難しいのです。

ここでなぜ20歳以上なのかを考えていくと、日本では20歳が成人となっています。この年齢になれば、社会的責任能力が発生するのです。ただ、20歳となっても単なる学生で、アルバイトなどの収入もない場合は、借り入れができないことがあります。これは前述した返済能力がないとみなされるためです。ただ、学生ローンなどでは場合によっては借りられることもありますが、その場合限度額は低くなります。

消費者金融の年齢の下限が20歳ですが、実は上限もあります。60歳や65歳などがほとんどです。こちらもやはり返済能力が関わってきます。定年退職して、年金のみの収入となると、返済能力がないとみなされるためです。ただ、年金収入のみでも限度額は低いですが借り入れができる場合もあるので、高齢になってキャッシングをしたいなら、いきなり諦めずに、とりあえず審査を受けてみた方がいいでしょう。

消費者金融や銀行でのキャッシングやカードローンは非常に便利です。カードさえあれば、簡単に借り入れができるためです。そのため、使い込んでしまう人もいるようです。そうなって、延滞を繰り返すとブラック入りしてしまうことにもなりかねません。そうすると、他の会社でローンが組めないのはもちろん、クレジットカードも止められてしまいます。そうならないように、キャッシングやカードローンの利用は、計画的にしましょう。