わたしね、専業主婦で内職をして家計を支えているんだけど、どうしても習い事を始めたくて消費者金融から10万だけ借入したいと考えているわけ。わたしの友達 に専業主婦で消費者金融から借入している人っていないから、実際に内職で収入を得ている人が融資を受けられるのか分からないんだけど。

専業主婦で借入するなら銀行かも

よくインターネットで消費者金融が主婦に融資してくれるなんて話を聞くんだけど、たぶんこれってよっぽど無い話だだと思うわ。確か配偶者貸付なんている法律が貸金業法であるらしいけど、消費者金融業者がこれを利用するって滅多にないらしいのよ。というか専業主婦には融資しないなんていうことも聞いたことがある。まぁ、きっと過去にトラブルが続出したんでしょうね。

内職って収入はあるけど、安定してるとは言えないと思うんだけど。ほとんど委託でしょ、あれって。だから、最低賃金なんてものも存在しないし、1円~20円なんて稼ぎで、少しでも体調なんか崩して仕事ができなくなってしまった場合は、ほとんどが即返済できないような状態になってしまうでしょ。

本当は内職より外に出てアルバイトやパートに出たほうがいいけれど、地方だと近隣にアルバイト・パートで仕事をさせてくれるところが身近に無いのが現状よね。だから内職なんだろうけど。
(⇒消費者金融を利用しているのはどんな職業の人?

どうしても現金を借入したいという場合、専業主婦であれば消費者金融ではなく銀行で扱っているカードローンがいいかもしれないわ。消費者金融だとどうしても専業主婦には手厳しい感じが否めないわね。というか、現実ムリに近い。銀行であれば融資をしてくれるはずです。ただし10万前後。10万枠で繰り返し利用するしかないですが、習い事のための学費であればこれで十分でしょう。

【参考ページはこちら】
保証人を着ける条件で融資してくれる消費者金融もある?

消費者金融カードローンは内職主婦でも契約が可能です

急にお金が必要になった時に、あなたはすぐにおろせる余分な預貯金をお持ちですか。持っていれば問題ありません。しかし、十分な預貯金とともに余裕のある生活をしている人は、実際には多くはないでしょう。

お金がないのに、どうしてもお金を出さなければならない事態に陥ることがあります。たとえば、冠婚葬祭です。田舎の親族に葬儀が入ったなどという時は、お悔やみはそんなに大金ではありませんが、足代がかなりかかる人もいるでしょう。急な話であれば、飛行機を直前に予約しなければならない人もいるはずです。往復で何万円かかるのでしょうか。

大人の急な出費は、避けるわけでには行かないものなのです。そのような時に備えて契約しておきたいのが、消費者金融や銀行から発行されているカードローン。契約だけしておけば、限度額の範囲内で、いつでも、何度でもお金を引き出すことが可能です。もちろん引き出したら返済しなければなりませんが、少なくとも急な出費を毎月の計画的な出費に帰ることができるわけですから、返済はだいぶ楽になるでしょう。

さて、この便利なカードローンですが、契約するとなると審査に通過しなければなりません。審査に落ちたら契約はできません。収入の低い人は審査には落ちてしまうのでしょうか。
(⇒消費者金融の審査ってどうなってるの?

実は、この審査合格するかどうかという点だけ見れば、特に収入の額は関係ありません。収入が低ければ、借り入れの限度額が低く設定されるというだけです。よって、アルバイトであれパート主婦であれ内職主婦であれ、安定収入さえあれば誰でも借りられるというものなのです。

消費者金融には、総量規制と言う法律が敷かれています。年収の3分の1までしか貸付してはならないというルールです。これにより、たとえ年収が低くてもその3分の1までは貸付ができるということにもなるのです。

いつ何が起こるか分かりません。お金を出すべき場面でお金を出せないとなると、大人としての体裁にも傷が付きます。まずは契約だけしておくのが無難でしょう。